肥満 原因

肥満の原因について

肥満に考えている人は少なくないそうですが、肥満を解消するためには要因をしる必要があると思われます。肥満の要因は人それぞれ違うものなので、対策方式も無論異なってきます。どうして肥満になったのか、その要因をはっきりさせた上で、要因を取り除ける事をする事がダイエットでは重要になってきます。肥満の原因の1つが暴飲暴食による摂取カロリーオーバーです。お肉や甘いもの、アルコール類などの過剰摂取や不規則な時間帯のご飯は肥満の原因になってきます。肥満の原因として、運動量が少なかったり、加齢などで基礎代謝が高くない体質になる事があると思われます。生命を維持するための必要最低限の活動エネルギーを基礎代謝というのですが、成人で平均1200kcalと思います。運動や生活改変などのダイエット好影響が中々出ない人は、加齢などが原因で基礎代謝が下がり、脂肪が燃えづらい体質になってます。口から摂取したものは胃や小腸で吸収され不要なものは大腸に送られ排出されます。便秘状態になると、大腸に残っていた脂質や糖分が再び吸収されて、水分とともに体が必要とするものとして取り込まれます。便秘が肥満の原因になってしまうのです。ホルモンや自律神経の乱れも肥満の原因になりやすいといいます。メンタル面の問題がフラストレーションによって吸収を阻害したり、不要なカロリーまで体内に貯め込んでしまったりもします。食事の変化によるミネラル不足も肥満の原因となってきます。食事の欧米化に伴い肥満の人が増えているといえるでしょう。自身に合う肥満対策をしるためには、いつ頃からの事で、肥満の要因は何かを振り返ってみましょう。

小児肥満の原因と対策

近頃子どもの肥満が増えているそうですが原因と対策はどのようなものなのでしょうかね。子どもの肥満の原因の多くは食べ過ぎです。まだ小さいうちからファストフードばかり食べていたり、高脂質の食事や、甘いものを食べていては、肥満になってしまいますよね。離乳食の段階からまず果汁の与えすぎに気をつけましょう。なるべく薄味で天然だしを活用し、ご飯は和食をまん中に一汁三菜が基本です。ここ数年では、ファストフードの食ことが好きな子供、カレーやスパゲティなどの単品の料理が好きな子供が少なくないですが、肥満の原因になりがちです。間食や清涼飲料水なども基本的には禁止したほうが良いでしょう。家の中でのゲームやTVは時間制限を決めて、身体を動かすあそびをするように促しましょう。子供の外あそびが、ここ数年では減少されているそうです。運動不足が原因で肥満になる子どもが増えています。日頃運動をする事で肥満を防ぐ事が出来るでしょう。ここ数年では、TVCMで子供を引きつけるような食品などもあるとされています。TVの時間を減らして外でおもいっきりあそぶようにすれば肥満の原因となる運動不足も解消でき、食品の誘惑も避けられて一石二鳥です。子供の肥満の原因には、生活サイクルの乱れもあるとされています。朝は早く起きて朝食をきちんと食べ、排泄し夜は早く寝るという規則正しい生活によって子どもの肥満を防ぐ事が出来るでしょう。子供が肥満になる要因は、子供自身にあるだけでなく、周囲のおとなの原因もあるとされています。最初に食事、そして生活習慣の改良から着手してみて下さい。

肥満が原因で起こる疾患

肥満の人が日本でも増えていますが、肥満が原因で起こる疾患はたくさんございます。人間の体は加齢と伴に筋肉や骨の量が少なくなり、身体を支えづらくなってきます。肥満が加わると骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こす原因になってきます。また、体重を支えきれなくなったことが原因で転倒し、骨を折ってしまう事もございます。肥満は高尿酸血症から痛風を招いたり、脂肪肝やすい炎を促進したり突然死の原因になる睡眠時無呼吸症候群の原因になったりもします。子宮がん、大腸ガン、前立腺がん、乳がんなど、体の各部分に出来るがんは、肥満が原因になっているともされています。肥満が原因で起こる最も少なくない疾患は糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病です。幾つかの状態が複合して起きる、メタボなども関わりがございます。肥満を放置されていると生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたりして動脈硬化の原因となってきます。心臓や脳への血流が止まってしまうなど、命に関わる病気になってしまう事があるので注意しましょう。日本人は欧米人と異なってインスリンの分泌技能が高くないので少し肥満になっただけで生活習慣病になりやすいので気を付けなければなりません。生活習慣病を起点して起きる重篤な状態を未然に防ぐためにも、肥満の要因は取り除くようにしましょう。


このページの先頭へ戻る